スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VISP WIPPERMAN CONNEX チェーンを取り付けてみる

2012年08月30日 09:40

DSC03744.jpg

WIPPERMAN CONNEX チェーンを試しに使ってみようと思います。




DSC03745.jpg

VISPに合わせるのでコネクタピン入れて94コマ。
こちらはコネクタピン入れて96コマなので2コマ減らします。
汚れが落ちなかった間のを外そうと思います。




DSC03746.jpg

先日買ったチェーンきりを早速使います。
プレートが分厚いのでさすがに外側には入りませんでした。
1段ずらして真ん中を使います。




DSC03747.jpg

汚れのある所を外しました。




DSC03748.jpg

汚れていたのがだったので汚れているコマを外すのに4コマ分切ったので2コマ分戻します。
チェーン切りを使って押し込むことができないので
少しプライヤーではめたあとチェーン切りを使って押し込んでいきました。
さすがにプレートがこれだけ分厚く強度があるので
ピンを入れる際に歪みで動きが渋くなることはありませんでした。




DSC03749.jpg

さて、前のチェーンを外して取り付けます。
コネクタピンを取り付けて・・・




DSC03750.jpg

反対側のプレートを入れて・・・




DSC03751.jpg

クリップを挟み込みます。




DSC03752.jpg

プライヤーを使って横にずらすだけ。




DSC03754.jpg

おぉ~!分厚くてかっこいい!
このゴツさはたまらんです。




DSC03755.jpg

しかし!横から見ると格好悪い・・・。
VISPに使うなら1G3という型番の外側になるプレートがブラックのやつが良かったのですが、どこにも売ってないのです。




DSC03756.jpg

プラス250gちかくあります・・・。
車両を持ち上げたときにも違いは明らか。
まぁ、重たすぎるので使い続けることは無いと思います。
走ってみて気が変わるかもしれないけど・・・。
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。